アデコグループ 新たなデジタルブランド「YOSS」を立ち上げ

- フリーランス時代のギグ・エコノミーを牽引 -

[2017年10月24日  スイス・チューリッヒ]

世界最大*1の人財サービス企業であるアデコグループ(本社:スイス・チューリッヒ、CEO:アラン・ドゥアズ、以下「アデコ」)は、この度、マイクロソフト社と共に開発した革新的なテクノロジーベンチャー企業「YOSS」を立ち上げたことを発表しました。これにより、企業とフリーランサー双方の仕事の未来(Future of Work)に向けた変革を牽引してまいります。

YOSSは、アデコグループがマイクロソフト社と共同開発した革新的なテクノロジーベンチャー企業であり、新たな市場において企業とフリーランサー双方の仕事の未来に向けた変革を行います。10月24日に行われたアムステルダムのHRテック会議で始動したYOSSは、フリーランサーと企業の関係をよりスムーズに繋げることを目的に構築されました。今後、YOSSは主要経済国で本格的に展開する予定ですが、それに先駆け、まずはフランスで強力な足場を固めることに重点を置き活動をしています。

アデコグループのCEO、アラン・ドゥアズは次のように話しています。「フリーランサーは、ギグ・エコノミー*2のエコシステムの中核をなし、今後、未来の働き方の中心となることが予想されています。しかし、多くの企業はこの大きな成長が見込まれる市場への参入に苦心しているのが現状です。YOSSは、企業とフリーランサーの橋渡しを行い、企業に革新をもたらし、フリーランサーがよりよい仕事を獲得できるよう支援を行います。YOSSは会社とフリーランサーの包括的な管理を実現することで、派遣労働市場の3倍の規模に成長する可能性を秘めたこの新たな市場の成長に貢献してまいります」

フリーランスという雇用形態が世界の労働市場の要になると見込まれていることもあり、将来の仕事のあり方を形成する主流をなすギグ・エコノミーは、今後数年間で1兆3000億ユーロ*3の価値にまで成長する可能性があります。米国の労働者の半数以上が2025年までにフリーランサーになると見込まれており*4、フランスのミレニアル世代の35%が既に独立して働いています*5

アデコグループのデジタル戦略の一環として、マイクロソフト社の支援を受けているYOSSは、仕事に必要とされる特殊なスキルや専門知識を有す人財を企業がより柔軟に獲得できるよう、安全で迅速かつ信頼性の高い手段を企業に提供します。YOSSの360度オンラインプラットフォームはフリーランサーに向けた「オンデマンド」サービス(保険、法律、会計アドバイスなどの福利厚生を含む)を提供するため、フリーランサーは健全なワークライフバランスを維持しながら仕事に集中し、各人のビジネスを持続的に成長させることを可能にします。

YOSSは、1つのポータルからあらゆる専門分野にわたって企業とフリーランサーとの関係を管理できます。また、「検索とマッチング」の機能を備え、日々のビジネスサポートおよび2者間の管理を行っています。企業向けに構築されたYOSSは、マイクロソフト社が実現したデータ保護やセキュリティシステムなどにより、ギグ・エコノミーに新たな高いレベルの安全性と信頼性をもたらしています。支払いの簡易さや、保険・法律および会計に関するアドバイスにより、フリーランサーが安心して仕事を受注することができます。

マイクロソフト社のグローバルセールス、マーケティング&オペレーションズのエグゼクティブバイスプレジデント兼プレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏は次のように話しています。「あらゆる分野で、企業は顧客により良いサービスを提供し、クラウドファーストの世界で競争するためにデジタル面で変革を行っています。YOSSでは、安全で効果的な方法で雇用主である企業とフリーランサーのベストマッチを実現することができるため、双方にとってメリットがあるサービスです」

フランスの起業家ギヨーム・ヘルンベルガー氏とロメイン・トレブイユ氏により発案されたYOSSは、アデコグループのデジタルインキュベーター機関であるAGXで、1年足らずで開発されました。YOSSを使用することで、企業の要望に沿ってフリーランサーと直接契約することが可能となり、給与の支払い業務も行えます。フリーランサーの給与は3日以内に支払われる一方で、企業は通常の請求書作成期間を確保することができるため、双方がこれまでに抱えていた課題を解消することができます。

YOSSの共同設立者兼CEOのロメイン・トレブイユ氏は次のように話しています。「YOSSはフリーランサーに最高のプロジェクトと支援サービスを提供するため、彼らが自分の仕事に集中できるようになります。フリーランスの世界の柔軟性および可能性と、企業とを結びつけ、企業の事業活動を支援します」

また、共同設立者でありCOOであるギヨーム・ヘルンベルガーは「YOSSは、通常の市場よりもはるかに多くのものを目指しています。フリーランサーとそのクライアントにとって、その関係性や日常生活の管理方法を改善するための信頼できるパートナーでありたいと考えています」と述べています。

YOSSのプラットフォームのフルバージョンは、2018年2月にフランスでリリースされる予定ですが、その前にベータ版が2017年11月14日にフランスで公開される予定です。2018年の後半には、その他の主要市場でも展開されることを予定しています。

  • (*1): Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより
  • (*2): インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方やおよびそれにより成り立つ経済形態のこと
  • (*3): McKinsey Global
  • (*4): McKinsey Global
  • (*5): INSEE

YOSSに関する詳細情報は、以下のファクトシートとウェブサイトをご覧ください。

ファクトシート
https://press.adeccogroup.com/assets/yoss-factsheet-8cbb-2cb12.html?lang=en

ウェブサイト
https://www.yoss.fr/

本件に関するお問い合わせ先

アデコ株式会社 Communication & Branding部
Tel:03-6743-8085

  • mixiチェック