アデコグループ、新たなブランド・アイデンティティを発表

- ブランド戦略の刷新により、世界ナンバーワンの人財サービス企業としての地位を強化 -

[2017年1月30日  東京]

世界最大*1の人財サービス企業であるアデコグループ(本社:スイス・チューリッヒ、CEO:アラン・ドゥアズ)は、この度、グループ全体のブランド戦略を刷新するとともに、新たなブランド・アイデンティティを発表しました。グループ・ブランドとして「The Adecco Group」を立ち上げるとともに、より生産性が高く高品質なサービスを提供するため、従来のブランドの枠組みを見直しました。これによりアデコグループは、世界の人財サービス業界におけるリーダーとしての地位をさらに強化します。

アデコグループは、新しいブランド・アイデンティティおよびブランド戦略を立ち上げるにあたり、グループにおけるサービス・ポートフォリオの合理化を行いました。これは、グループ・ブランドと各事業のブランドの役割と立ち位置を明確にし、顧客企業と求職者に対してより効果的なサービスを提供することを目的としたアップデートです。

新しいブランド戦略におけるアデコグループのブランドは、グループ・ブランドである「The Adecco Group」をはじめとする次の7つです。

THE ADECCO GROUP
- The Adecco Group(新ブランド) -

ロゴ
ブランド名 Adecco Bardenoch
& Clark
Spring Professional MODIS pontoon Lee Hecht Harrison
事業領域 一般派遣
アウトソーシング
人財紹介 人財紹介 エンジニア派遣
アウトソーシング
MSP/RPO HR
コンサルティング

また、日本においては、グループ・ブランドである「The Adecco Group」をはじめ、Adecco(一般派遣、エンジニア派遣、人財紹介、アウトソーシング)、Spring Professional(人財紹介)、VSN(エンジニア派遣、アウトソーシング)、Pontoon(MSP/RPO)、Lee Hecht Harrison(HRコンサルティング)の、合計6つのブランドを当面使用します。

アデコグループでマーケティング&コミュニケーションを統括するステファン・ホウィーグは、次のように話しています。「ブランド・アイデンティティの再構築とブランド戦略の刷新によってサービス・ポートフォリオを合理化したことで、グローバルレベルでより一貫したサービスを提供することが可能になりました。これは、われわれがマーケットにおける現在の地位をさらに強化するためのプラットフォームを手にしたことを意味しています。今後は中核ブランドの成長のために投資を集約し、それぞれの事業領域においてこれまで以上の成長を実現してまいります」

アデコ株式会社の代表取締役社長である川崎健一郎は、次のように話しています。「働き方も企業のニーズもますます多様化するいま、われわれは働く人ひとり一人のキャリア開発を支援することが人財サービスの本質であると考え、すべての事業の柱に位置づけています。今回、新たなブランド・アイデンティティによってブランドごとのポジショニングがより明確になり、総合人財サービス会社として、これまで以上にシナジーをもって事業を行うことができるようになりました。この新しい体制のもと、働くすべての人々が持つさまざまなニーズに応えながら企業の成長にまでコミットしていけるよう、事業に取り組んでまいります」

新たなブランド・アイデンティティの発表に合わせ、アデコグループの新しいコーポレートサイトをローンチしました。新しいサイトは以下のURLよりご覧いただけます。

  • *1 : Staffing Industry Analysts 2016、人財サービス企業売上ランキングより

本件に関するお問い合わせ先

アデコ株式会社 Communication & Branding部
Tel. 03-6743-8085

  • mixiチェック