トランスジェンダーの男性を招きトークイベント開催

−LGBTへの理解・浸透を高め、誰もが働きやすい職場の実現を目指す−

[2016年4月28日  東京]

世界最大*1の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、4月21日(木)、東京都千代田区で、性的少数者「LGBT」への理解と認知拡大に向けて、トランスジェンダーの男性を迎えてアデコの従業員を対象にしたトークイベントを開催しました。

このトークイベントは、今月4月、アデコが展開する「Adecco Rainbow Pride Month」の一環として実施されました。LGBTなどの性的少数者に関する情報提供やイベントを通じ、アデコ従業員が理解を深め、誰もが働きやすい環境の実現を目指しています。

イベントの冒頭で、主催者が性的少数者の現状と取り巻く環境について説明した後、トランスジェンダーの20代男性が登壇しました。女性として過ごした幼少期から、男性として働く現在に至るまでの十数年間の気持ちの変化や苦労などについて、約1時間にわたり語りました。学生服に対する戸惑い、家族へのカミングアウトなど、当事者ならではの話が繰り広げられ、質疑応答では、職場の理解状況や性別適合手術の影響による体調変化に関する質問が次々と飛び交いました。

セミナー終了後には、参加者から「初めて知ることが多く勉強になった」、「特別視するのではなく互いの存在を尊重することが大切だと感じた」といった感想が寄せられました。


人口比率を考えると、LGBTはどの職場や職種でも身近な存在であることを説明


父親にカミングアウトしたとき「自分の好きなように生きてみなさい」と励まされたエピソードを紹介


「Adecco Rainbow Pride Month」でのイベントや取り組みをきっかけに、今後は、慶弔祝金の対象拡大など人事制度の見直しを検討しています。アデコは、人材サービスのグローバルリーダーとして、雇用環境の改善や支援を通じ、アデコグループのビジョンである“better work, better life”(より良い仕事を通じて、充実した人生を)を実現するため活動してまいります。

  • (*1) : Staffing Industry Analysts 2015、人材サービス企業売上ランキングより。

本件に関するお問い合わせ先

アデコ株式会社 Communication & Branding部
Tel:03-6743-8085

  • mixiチェック