岩手県の被災地域へ就職支援を開始

‐ 岩手県が実施する「被災求職者等雇用・人材育成事業」を受託 ‐

[2012年10月1日  東京]

世界最大の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、このたび、岩手県が実施する、緊急雇用創出事業基金を活用した「被災求職者等雇用・人材育成事業」を受託し、80名を対象に就職支援を行います。今回の就職支援事業では、東日本大震災により失業された方や、現在、求職活動中の方々の就業を全面的に支援します。

今回受託した就職支援事業では、性格判断テストや面談などを通じて、対象者へキャリアアドバイスを実施し、適性と希望に基づいた仕事紹介を行います。また、豊富なキャリアカウンセリングの経験をもつアデコの専任講師がビジネス研修やメンタルヘルス・サポートも行い、不安やストレスなく就業できるよう支援します。その後、アデコと契約を結んでいる岩手県内の企業で3カ月〜4カ月にわたり職場実習を行い、技能の習得を促します。

アデコが実施する就職支援事業の流れは以下のとおりです。

実施期間 内容
2012年10月
  • ・求職者向け説明会の実施、選考と採用(アデコが実施)
2012年11月〜
  • ・必須研修・選択研修(就職活動対策、ビジネスマナー、OA実習、企業研究など)
  • ・職場実習先の決定
2012年12月〜2013年3月
  • ・岩手県内の企業で職場実習(最長4カ月間)
  • ・職場実習先での採用決定

(補足:当支援事業を受ける期間、対象者は給与のほか交通費が支給され、社会保険は全員が加入。)

東日本大震災で被災した、岩手、宮城、福島3県における失業手当の延長措置が、9月末をもって終了し、3県合わせて約7,000名への給付が終了したと見られています。厚生労働省によると、岩手県の8月の有効求人倍率は、0.94倍と、全国平均の0.83倍を上回る一方で、求職者の希望と仕事内容が合わない「ミスマッチ」により、就業者数が伸び悩んでいる側面も見られます。アデコは、求職者の意向を第一に考え、地域性や産業特性を配慮しながら就業を支援してまいります。

アデコは、全国で多くの就職支援事業を成功に導いてきた実績と、人材サービスのグローバルリーダーとして培ったノウハウを最大限に活かし、岩手県内の雇用創出と、復興に向けた一層の支援を実施していきたいと考えています。

この件に関するお問い合わせ先

リリースに関するお問い合わせ先(メディアの方向け)
アデコ株式会社 広報宣伝室 TEL:03-6439-7473

就職支援に関するお問い合わせ先(企業・求職者の方向け)
アデコ 株式会社 岩手県就職サポート事務局
TEL:0120-891-450
受付時間 平日 9:00〜19:00