社会貢献活動の一環として、若年層支援団体へ寄付

[2011年1月31日  東京]

アデコグループとアデコ株式会社(日本法人)は、2010年に実施した社会貢献活動「Win4Youth(ウィンフォーユース) 2010」プロジェクトの一環として、若年層を支援する団体へ寄付を行います。「Win4Youth 2010」プロジェクトは、アデコグループの基本的価値観の実現を目的としたもので、全世界の従業員が5キロをランニングまたはウォーキングするごとに、5ドルを各国の若年層を支援する団体に寄付を行う計画で取り組んでまいりました。

58の国と地域のアデコグループの従業員およそ30,000人が、公共のランニング・ウォーキングのイベントへの参加、自主的なイベントの実施、選抜された従業員によるニューヨークシティマラソンへの参加などの活動を行った結果、当初の目標の走歩行距離80,000キロ(地球2週分の距離)を大幅に上回る228,002キロを達成。アデコグループはこの結果により、230,000USドル(約18,860,000円(*1))を、チリ、ハイチなど6カ国の若年層支援団体に2月下旬までに寄付をする予定です。

2011年1月27日(木)、アデコ株式会社会長兼社長 マーク・デュレイから、あしなが育英会理事 吉田和彦氏に寄付金の目録が渡されました。寄付金は、若年層の教育のために活かされます。

さらに、アデコ株式会社(日本法人)は、従業員による走歩行距離で8,757キロを達成。アデコグループが行う寄付にくわえ、あしなが育英会(*2)に875,700円の寄付を行い、あしなが育英会から感謝状をいただきました。

「Win4Youth」プロジェクトは、2011年度に取り組む種目をサイクリングとし、新たな頂をめざします。アデコグループでは、今後もさまざまな社会貢献活動を通じて若年層の支援を行ってまいります。


(*1)1ドル82円換算

(*2)あしなが育英会: 病気や災害などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体。奨学金などの経済的支援とともに、遺児への教育と心のケアなどの支援活動を行う。

この件に関するお問い合わせ

アデコ株式会社 広報宣伝室
TEL:03-5326-3798