アデコ株式会社、北海道 江別市が実施する介護職希望者向け、人材育成事業を受託

介護職での就業を希望する求職者に、研修や就職支援を実施

[2010年10月20日  東京]

総合人材サービスのアデコ株式会社(本社:東京都港区、会長兼社長:マーク・デュレイ、以下「アデコ」)は、この度、北海道 江別市が実施する、緊急雇用創出基金を活用した介護従事者育成事業を受託し、12名の介護職での就業希望者に、研修や就職支援を行うことになりました。今回アデコが受託した介護従事者育成事業では、2010年10月下旬から2011年3月下旬の約5ヶ月間にわたり、コミュニケーション研修、マナー研修、介護研修、介護施設での職場実習などを経て、ヘルパー2級の資格取得を目指してしていただきます。また、資格取得後は、アデコが介護職での就業を支援します。

ハローワーク江別出張所の調べでは、江別市の求人倍率は0.17倍と、北海道全域の0.41倍と比べ、雇用は非常に厳しい状況です。この状況を打開するため、緊急雇用対策活動の一環として江別市が実施した当育成事業の実施委託事業者の公募に対し、アデコが選定されました。アデコが行う支援事業が単なる就職支援ではなく、職業人としての意識を向上させるとともに、エンプロイアビリティ(雇用される能力)を向上させることを軸にしたプログラムであることが評価され、選考されたものです。

アデコが受託した介護従事者育成事業の内容は以下のとおりです。

  1. 10月中旬:求職者向け説明会の実施、選考と採用
  2. 10月中旬〜11月下旬:オリエンテーション、施設見学、介護研修
  3. 12月上旬〜3月下旬:各介護施設で実習
  4. 3月下旬:アデコのキャリアアドバイザーによる就職相談、仕事の紹介

(補足: 当支援事業を行う期間、対象者には基本給のほか通勤手当を支給。社会保険は全員が加入。)

アデコでは、一般の人材紹介サービスに加え、学生や未就業の若年層向けの就職支援を積極的に行っています。長年にわたり培った人材紹介サービスと人材教育の実績とノウハウを最大限に活かし、江別市の雇用改善に貢献したいと考えています。

この件に関するお問い合わせ

アデコ株式会社 広報宣伝室
TEL:03-5326-3798