若年層への就職支援を拡充し、雇用創出に貢献

政府の追加経済対策の基本方針に呼応し、全国100大学で講座開講

[2010年9月2日  東京]

総合人材サービスのアデコ株式会社(本社:東京都港区、会長兼社長:マーク・デュレイ、以下「アデコ」)は、9月より大学生および既卒者向けの就職支援をこれまで以上に拡充します。これまでに培った人材紹介事業のノウハウとCSR活動の両面からサポートすることで社会貢献につなげるものです。

大学生の就職難は、金融危機以降、雇用情勢の急激な悪化の影響を受け、2010年度3月卒業の大学生の就職率がわずか約60.8%(*)にとどまり、政府が発表した追加経済対策の基本方針で、主に若年層向けの雇用対策を打ち出すほどの社会問題となっています。アデコではこの問題を憂慮し、全社をあげて若年層の就職支援を行うこととしました。

また、既卒者の就職活動は新卒採用に該当しないことから、意図的に留年をして就職活動を継続する学生が増加しています。大学側も留年を希望する学生に対しては授業料を引き下げるなどの策を講じてはいますが、根本的な解決策が見出せないのが実情です。アデコでは本業の人材サービス事業だけでなく、CSR活動も含め、多角的、包括的に若年層への就職支援を展開します。

若年層向けの就職支援の取り組みは以下のとおりです。

【大学への就職支援講座】

2011年3月までに、100の大学で以下の講座を実施することを目標としています。

  • 教職員向けセミナー
    学生とのキャリア相談の際のコミュニケーション上の留意点などについてコーチング、カウンセリングの講義を行います。
  • 学生向けセミナー
    より実践に役立つ講座として、履歴書の書き方、面接トレーニング、グループ面接の練習などを行います。
  • 保護者向けセミナー
    学生のキャリア形成、雇用情勢などについての説明を行い、学生、教職員、保護者の3者協働就職活動を支援します。

【大学生向け就職支援】

アデコに登録した約1000人の就職活動中の大学生向けの就業支援および新卒採用を計画している企業の合同説明会を毎月開催します。大企業から中小企業まで幅広い求人を確保し、卒業前の内定を支援します。

【未就業の既卒者向け就職支援】

若年層の人材の採用を希望する企業へ就業の機会を提供し、迅速な内定を支援します。

【職業意識向上のためのCSR活動】

  • 大学生向けに、働くことへの興味、自身のキャリアについて考える機会を提供するための講義やセミナーを開催します。
  • アデコの経営陣によるビジネスパーソンとしての心得についての講演、グループディスカッションなどを実施します。

アデコでは、これまでに多くの若年層の方たちの就職支援を行い、高い支持を得ています。長年にわたり若年層向けの職業紹介サービスを提供してきた実績とノウハウを最大限に活かし、学生と若年層の人材の就業率の向上に努めてゆきます。

(*)文部科学省 2010年度学校基本調査による

この件に関するお問い合わせ

アデコ株式会社 広報宣伝室
TEL:03-5326-3798