全国の小中学生1000人を対象にした「将来就きたい仕事」に関する調査
男子の1位は「サッカー選手」、女子の1位は「パティシエ」

- 「好きな教科」と「嫌いな教科」は、「算数・数学」が両方で1位に -

[2018年3月26日 東京]

<調査結果のまとめ>

  • 小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」、女子が「パティシエ」
  • 「パティシエ」は4年連続で女子の小中学生が将来就きたい仕事の1位に
  • 小中学生女子では、「警察官・刑事」と「俳優・女優」が初めてトップ10入り
  • 小中学生男子では、昨年初めてトップ10入りした「ゲームクリエイター」が今年も8位に
  • 小中学生が好きな教科の1位は「算数・数学」。「算数・数学」は嫌いな教科でも1位に

<掲載データ>

  • 小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)
  • 小学生の「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)
  • 中学生の「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)
  • 小学高低学年の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)
  • 小学高中学年の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)
  • 小学高高学年の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)
  • 小中学生の「好きな教科」・「嫌いな教科」ランキング トップ10

世界最大*1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、日本全国の小中学生1000人を対象に、「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を実施しました。本調査は2014年より開始し、今回で5回目の実施となります。

<調査結果の詳細>

(1)小中学生が「将来就きたい仕事」
全国の小中学生1000人に対し、「あなたは、大人になったらどのような仕事をしたいですか。」と質問したところ、将来就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」(8.0%)、女子が「パティシエ」(14.4%)となりました。「パティシエ」は4年連続で女子の小中学生が将来就きたい仕事の1位となりました。また、将来もっとも就きたい仕事に「パティシエ」を選んだ女子の割合は、昨年の11.0%から3.4ポイント上昇しました。「サッカー選手」を将来もっとも就きたい仕事に選んだ男子の割合は、昨年の7.4%から0.6ポイントの微増でした。

今回の調査では、女子の将来もっとも就きたい仕事に、「警察官・刑事」が調査開始以来、初めてトップ10に入りました(3.9%)。「警察官・刑事」は、男子のもっとも就きたい仕事の3位(5.6%)にもランクインしました。また、男子がもっとも就きたい職業として、「野球選手」(5.6%)が3年ぶりにトップ3に入りました。

また、今回の調査で、「医者」が男子のもっとも就きたい仕事の2位(6.4%)、女子でも同じく2位(7.4%)となっていますが、「医者」は調査を開始して以来、男女双方のもっとも就きたい仕事のランキングで常にトップ10に入っており、安定して人気の職業であることが伺えます。

前回の調査では、「会社員(サラリーマン・OL)」が、男子のもっとも就きたい仕事の1位(14.4%)、女子の2位(9.4%)に選ばれていましたが、今回は男子のランキングで7位(4.2%)、女子では9位(1.8%)という結果でした。

【小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)】

男子(6歳〜15歳)【n=500】対象、1位サッカー選手 8.0% 2017年順位2位、
2位医者6.4% 2017年順位3位、3位野球選手 5.6% 2017年順位5位、3位警察官・刑事5.6%2017年順位ランク外、5位公務員5.0%2017年順位4位、6位先生(大学・高校・中学校・小学校、幼稚園など)4.6%2017年順位ランク外、7位会社員(サラリーマン・OL)4.2%2017年順位1位、8位学者・研究者	3.6%2017年順位7位、8位ゲームクリエイター3.6%2017年順位6位、10位パイロット3.2%2017年順位ランク外、10位エンジニア・プログラマー3.2%2017年順位ランク外
女子(6歳〜15歳)【n=500】対象、1位パティシエ(お菓子職人)14.4%2017年順位1位、2位医者7.4%2017年順位3位、3位先生(大学・高校・中学校・小学校、幼稚園など)7.0%2017年順位5位、4位看護師5.0%2017年順位10位、5位公務員3.2%2017年順位4位、6位警察官・刑事2.2%2017年順位ランク外、7位学者・研究者2.0%2017年順位ランク外、7位服飾デザイナー2.0%2017年順位ランク外、9位野球選手1.8%2017年順位ランク外、9位俳優・女優1.8%2017年順位ランク外、9位会社員(サラリーマン・OL)1.8%2017年順位1位

【小学生の「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)】

男子(6歳〜12歳)【n=350】対象、1位サッカー選手9.1%、2位医者7.7%、3位野球選手7.1%、4位警察官・刑事5.4%、5位会社員(サラリーマン・OL)4.6%、6位学者・研究者4.3%、7位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)3.7%、7位ゲームクリエイター3.7%、9位運転手(バス・タクシー・電車など)3.4%、9位You Tuber(ユーチューバ―)などの動画投稿者3.4%、9位公務員3.4%
女子(6歳〜12歳)【n=350】対象、1位パティシエ(お菓子職人)17.4%、2位医者6.9%、3位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)6.3%、4位看護師5.4%、5位警察官・刑事2.9%、6位学者・研究者2.3%、7位服飾デザイナー2.0%、7位歌手2.0%、7位俳優・女優2.0%、10位ピアノやお稽古事の先生1.7%

【中学生の「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)】

男子(13歳〜15歳)【n=150】対象、
1位公務員8.7%、2位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)6.7%、3位警察官・刑事6.0%、4位サッカー選手5.3%、5位パイロット4.7%、5位エンジニア・プログラマー4.7%、7位医者3.3%、7位ゲームクリエイター3.3%、7位会社員(サラリーマン・OL)3.3%、10位看護師2.7%、10位建築士・大工2.7%
女子(13歳〜15歳)【n=150】対象、1位医者8.7%、1位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)8.7%、3位公務員8.0%、4位パティシエ(お菓子職人)7.3%、5位看護師4.0%、6位会社員(サラリーマン・OL)3.3%、7位野球選手2.7%、7位漫画家2.7%、9位キャビンアテンダント(CA)2.0%、9位建築士・大工2.0%、9位美容師2.0%、9位服飾デザイナー2.0%、9位声優2.0%

【小学校低学年の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)】

男子(6歳〜8歳)【n=150】対象、1位サッカー選手11.3%、2位警察官・刑事6.7%、3位医者5.3%、3位運転手(バス・タクシー・電車など)5.3%、5位野球選手4.7%、5位建築士・大工4.7%、7位パイロット4.0%、7位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)4.0%、7位ゲームクリエイター4.0%、7位公務員4.0%、
女子(6歳〜8歳)【n=150】対象、1位パティシエ(お菓子職人)	9.3%、2位医者8.0%、2位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)8.0%、4位その他の専門の職業6.7%、5位看護師4.7%、5位歌手4.7%、7位警察官・刑事2.7%、8位サッカー選手2.0%、8位テニス選手2.0%、8位水泳選手2.0%、8位宇宙飛行士2.0%、8位運転手(バス・タクシー・電車など)2.0%、8位You Tuber(ユーチューバ―)などの動画投稿者2.0%、8位自営業・個人事業主・フリーランス2.0%

【小学校中学年の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)】

男子(8歳〜10歳)【n=150】対象、1位野球選手10.0%、2位サッカー選手10.0%、3位You Tuber(ユーチューバ―)などの動画投稿者6.0%、4位医者5.3%、4位学者・研究者5.3%、6位ゲームクリエイター4.7%、7位会社員(サラリーマン・OL)4.0%、8位警察官・刑事3.3%、8位運転手(バス・タクシー・電車など)3.3%、10位パティシエ(お菓子職人)2.7%、10位建築士・大工2.7%
女子(8歳〜10歳)【n=150】対象、1位パティシエ(お菓子職人)14.7%、2位医者8.7%、3位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)8.0%、4位看護師5.3%、5位警察官・刑事4.0%、6位学者・研究者3.3%、6位服飾デザイナー3.3%、8位ピアノやお稽古事の先生2.0%、8位You Tuber(ユーチューバ―)などの動画投稿者2.0%、8位作家・小説家2.0%

【小学校高学年の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10(男女別)】

男子(10歳〜12歳)【n=150】対象、1位医者10.7%、2位野球選手8.7%、2位サッカー選手8.7%、4位会社員(サラリーマン・OL)6.0%、5位学者・研究者4.7%、5位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)4.7%、7位警察官・刑事4.0%、8位エンジニア・プログラマー3.3%、8位ゲームクリエイター3.3%、8位You Tuber(ユーチューバ―)などの動画投稿者3.3%、8位公務員3.3%
女子(10歳〜12歳)【n=150】対象、1位パティシエ(お菓子職人)14.7%、2位医者6.0%、3位看護師	5.3%、4位先生(大学・高校・中学・小学校、幼稚園など)4.0%、4位俳優・女優4.0%、6位野球選手3.3%、7位ピアノやお稽古事の先生2.7%、7位服飾デザイナー2.7%、9位学者・研究者2.0%、9位警察官・刑事2.0%、9位パイロット2.0%、9位会社員(サラリーマン・OL)2.0%

(2)小中学生が「好きな教科・嫌いな教科」
日本全国の小中学生1000人に対し、「あなたがもっとも好きな教科を教えてください。」と質問したところ、1位は「算数・数学」(24.1%)で、選択肢の中で唯一20%を超えました。2位は「体育・保健体育」(11.6%)、3位は「国語」(11.5%)でした。

一方、「算数・数学」は「嫌いな教科」として挙げた子どもも多く、「嫌いな教科」でも1位(20.9%)となりました。「体育・保健体育」と「国語」、も同様で、国語は「嫌いな教科」の2位(15.6%)、「体育・保健体育」は「嫌いな教科」の3位(8.2%)でした。

【小中学生の「好きな教科」・「嫌いな教科」ランキング トップ10】

好きな教科【n=1000】、1位算数・数学24.1%、2位体育・保健体育11.6%、3位国語11.5%、4位図画工作・美術10.9%、5位社会9.0%、6位音楽8.0%、7位理科7.2%、8位外国語5.8%、9位技術・家庭1.9%、10位生活0.8%、嫌いな教科【n=1000】、1位算数・数学20.9%、2位国語15.6%、3位体育・保健体育8.2%、4位外国語7.3%、5位理科5.9%、6位社会5.4%、7位図画工作・美術3.7%、8位	音楽3.3%、9位技術・家庭2.2%、10位道徳1.9%
  • (*1) : Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより。

<調査概要>

  • 調査対象:日本全国の小中学生(6歳〜15歳の男女)1000人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 実施時期:2017年11月

本件に関するお問い合わせ先

アデコ株式会社 広報部
Tel. 03-6743-8085

  • mixiチェック