女性の再就職・復職に関する意識調査を実施

‐仕事ブランクのある女性の不安要因や復職後の意欲の変化を調査‐

[2016年12月22日  東京]

世界最大※1の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、再就職・復職を経験したことがある女性を対象にアンケートを実施し、再就職・復職にあたっての不安や復職後の昇進・昇格意欲について調査レポートをまとめました。

(*1)Staffing Industry Analysts 2016、人材サービス企業売上ランキングより。

【再就職・復職経験がある女性の意識調査サマリー】

  1. 働く女性4,350名のうち再就職・復職経験者は、約6割。
  2. 再就・復職の際、最も不安に思うこと
    ワーキングマザー→1位)育児との両立
    上記以外の女性→1位)職場の人間関係
  3. ワーキングマザーの復職後の昇格・昇給意欲は全体的に微減だが、
    復職後1年〜2年未満は、意欲アップ
  4. 再就職・復職後、昇格・昇進意欲が高まる年代は20代
    ※本調査において「再就職」は次の仕事を決めない状態で会社を退職し、別の会社へ就職したことを指し、復職は何らかの理由で会社を休職し、再度同じ会社に復帰したことを指している。

【1】働く女性の半数以上は、再就職・復職経験者。
退職・休職の理由は、「仕事に対する不満」、「育児や出産のため」

働く女性4,350名のうち、何らかの理由で仕事を退職、休職しその後、仕事を再開したことがある女性は、全体の半数以上の56.4%いた。また、退職・休職の理由としては、「仕事に対する不満」が最も多く、次いで「育児や出産のため」が上位にあがった。

質問:退職・休職の理由(n=557)

退職・休職理由は、「仕事の不満」が31.4%、「育児や出産」が26.9% 仕事に対する不満から 31.4% 育児や出産のため 26.9% 体や心の病気や不調のため 16.3% スキルアップ、給与アップを目指して 14.9% 結婚のため 9.9% 解雇・会社の業績不振など 8.8% 家族・家庭の事情 7.1% 家族の転勤・転居のため 5.5% 答えたくない 3.5% その他 3.0%

【2】ワーキングマザーが、再就職・復職の際に不安に感じることは「育児との両立」。

育児・出産を理由に休職をしたワーキングマザーとそれ以外の理由で休職したことがある女性の7割以上が、再就職や復職の際に不安を感じていたと回答。
また、ワーキングマザーが不安を感じていた要因は、「育児との両立」に関するものが上位を占めた。

質問:再就職・復職を不安に思った理由(ワーキングマザー)

再就職・復職に不安を持つワーキングマザーの62.6%が育児との両立ができるかどうかを不安に思っている 育児との両立ができるか 62.6% 子どもが病気やケガのときどうするか 35.5% 仕事をこなせるか 21.2% 職場の人間関係 19.7% ブランクが仕事に影響しないか 19.2% 上司の理解・協力 17.2% 同僚の理解・協力 15.8% 体力的な負担 13.3% 配偶者・家族から理解・協力が得られるか 12.8% 上司からの評価 12.3% 保育園などの施設に預けられるか 12.3%

【3】ワーキングマザーの復職後の昇進・昇格への意欲は微減、
唯一、意欲が高まった層は「復職後1年以上2年未満」

ワーキングマザーに退職前後での昇進・昇格への意欲の変化を聞いたところ、休職前には意欲があった人が半数以上いたものの、復職後は43.8%とやや減少した結果となった。
意欲が変化した理由を聞いたところ、意欲が減少した人は「育児への負担」を挙げ、意欲が高まった人は「収入アップ」を昇進・昇格したい理由にあげた人が多かった。

質問:キャリアに対する意欲の変化とその理由(複数回答)

昇進・昇格したいワーキングマザーのは再就職・復職後に減少 退職・休職前 とても昇格・昇進したい 16.1% やや昇格・昇進したい 34.1% あまり昇格・昇進したくない 33.7% 昇格・昇進はしたくない 16.1% 再就職・復職後 とても昇格・昇進したい 11.5% やや昇格・昇進したい 32.3% あまり昇格・昇進したくない 37.3% 昇格・昇進はしたくない 19.0%

昇進・昇格に対する意欲の変化の理由 意欲減少の理由 再就職・復職後に昇進・昇格したくなくなったという女性の意欲が減少した理由で、「仕事の負担が大きくなりそうだから」が最も多く 61.2%、「育児に手がかかるから」が 42.9%、「時間的に余裕がないから」が 38.8% と続いている。 意欲向上の理由 再就職・復職後、昇進・昇格したいと意欲が向上した女性の理由で、74.2% が「貯金を蓄えたいから」を挙げており、他にも「収入を増やしたいから」が 51.6%、「育児に費用がかかるから」と「生活費の負担が増えたから」が 48.4% といった理由が挙げられている。

【4】再就職・復職後、昇格・昇進意欲が唯一高まった年代は20代。

再就職・復職後の昇格・昇給意欲の違いを年代別に見たところ、再就職・復職後に意欲が高まった唯一の年代は20代であった。以下のグラフのとおり、全体的には、年齢が高まると意欲は減少するという関係性が見られた。

質問:昇格・昇進意欲の違い×年代別

20代が最も「バリキャリ」意識が高く、再就職・復職後に意欲は高まる

その他のアンケート結果は、調査レポートとしてウェブサイトに掲載しています。
詳細は、下記のページからご覧ください。

【調査概要】

  • 調査対象:20〜49歳の働いている女性
  • 有効回答:2,782人
  • 調査方法:インターネット調査(MMDLabo調査協力)
  • 実施時期:2016年10月

この件に関するお問い合わせ先

アデコ株式会社 Communication & Branding部
Tel:03-6743-8085

  • mixiチェック