会社案内:CSRへの取り組み 未来の社会人となる子どもたちのために 「キャリア教育」による支援を目指して

特に児童期における環境や経験はその後の職業選択に影響をもたらすと言われています。
早い段階から「働く」ことへの興味を醸成していくべく、Adeccoでは、そうした多感な時期にある児童・生徒に対象としたキャリア教育プログラムを展開し、教育CSRに取り組んでいます。

キャリア教育プロジェクト 教育CSRの取り組み

「なりたい自分、あこがれの職業にどうしたら近づけるか」をテーマに、主に小中学校において「出前授業」を行っています。子どもたちが自身の強みに気づき、早い段階から「働く」ことへの興味を抱くことができるよう支援しています。
2013年に開始したこのプロジェクトでは、港区立小学校を中心に3年間で26回の“出前授業”を実施、1,500人超の児童・生徒へのキャリア支援を行いました。

【1】グループワーク中心の参加型授業

港区立の小学校において、継続してキャリア教育を主眼とした授業を実施しています。社会人のキャリア教育をベースに独自に開発した授業プログラムは、自分の長所を生かすことのできる「職業」を探求していく授業や、店舗経営の疑似体験を通じて「働く」マインドを醸成する授業などから成り立っています。

2015年 出前授業実施校

港区立 青南小学校、赤坂小学校、麻布小学校、青山小学校、御田小学校、芝小学校

参加した児童の声

【2】岩手県陸前高田市立高田小学校での授業
「みんなのための図書館をつくろう!」

「みんなのための図書館をつくろう!」をテーマに2014年11月、図書館運営の疑似体験を通じて「働く」マインドを醸成する授業を実施しました。東日本大震災で甚大な被害を受けた地域の方々が元気になる図書館や、高齢者や身体の不自由な方といったあらゆる方を対象にした図書館など、子どもたちが館員となり考えたユニークなアイデアは、市長へのプレゼンまでつながりました。

【3】NPO主催 都立西高等学校「奉仕の時間」に社会人講師として参加

2013年から4年間にわたり、都立西高等学校の高校1年生を対象とした「奉仕の時間」に社会人講師として参加しています。「キャリア・カウンセリング」を軸に、ロールプレイングを織り交ぜながら授業を進行する中、グループワークでは、生徒がカウンセラーと、転職や・就職を希望する相談者の立場にに分かれ、相談者の悩みをどう解決したら良いかの議論を行うなど、活発な意見が交わされました。

2016年3月、キャリア教育プロジェクトは、
文部科学省が主催する平成27 年度「青少年の活動推進企業表彰 審査委員会奨励賞」を受賞しました